FC2ブログ
練習計画シリーズ☆ペース感覚
マラソン走るうえで、ペース感覚って大事ですよね。
キーワードは「負荷一定」。
 
 
レースで、ペースの上げ下げする方が近くを走っているとすごく走りにくくて。

こんなことをいうと反感を買いそうですが…。
国際レースでは、周りの方もペース変動が少なくて、非常に走りやすいんです。
やっぱり速く走るには、ペース変動が少ないほうがいいですよね。

※ここでいう「ペース変動」はレースプランに沿ってペースを変えている とか 失速している とかではありません。

ペースの上げ下げでありがちなのが、
①目標ペースに合わせるために、時計を見ながらペースの上げ下げ
②たまたま視界に入った人と競うためにペースの上げ下げ

ま、②は相手にしないのが一番。笑
問題は①ですよね。



他のひとにも当てはまる方法かわからないのですが、私は「負荷一定」になるようにしています。

もちろん時計をみて、ペース調整します。
けど、ペース調整する際は「急に」ではなく「じわじわ」です。
時計みて、「あ、遅かった!」でグンと加速するのではなく、1kmかけて合わせるくらいの意気込みで。
急にペース変えるのは負荷が高いですからね。


練習でも「負荷一定」には気を付けています。

ジョグでも「負荷一定」です。
ちょっと息が弾む手前の強度を維持しています。

今の私だと
走り始めはキロ5分40秒~6分、
体が温まってからは自然にキロ4分50秒~5分10秒くらい、
息が弾む手前を維持しているので、時計をみなくても、結果として残りはほぼイーブンペースになります。
その日によって4分50秒維持なのか5分10秒維持なのかは違いますけどね。


まずはジョグで「負荷一定」を体に叩き込んでから、ペース管理です。
フルのレースペースの負荷、ハーフのレースペースの負荷…
それぞれ体に叩き込んでいました。

レース本番はアドレナリンとか周囲の状況とかでペース&負荷を合わせにくいですが、数kmかけてペース&負荷を調整して、目標のところになったらあとは維持するようにしていました。

「負荷一定」だと、上り坂、下り坂のペース変動にも惑わされにくいかな?
アップダウンのあるレースはたまにしか出ないのでなんとも言えないですけど。


まとまりなくつらつら書いてしまいましたが、うまく伝わるかな…。

にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギング・マラソンへ
にほんブログ村

もしかしたら、平地民&周回コースぐるぐるが大丈夫な人の向けかもしれない、この方法。
 
 
スポンサーサイト
【2017/10/24 16:59】 | ランニング | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<か弱い自慢@201711 | ホーム | 誰かやめるって言わないの?@雨の日の練習会>>
コメント

初めましてです。
言われていることがシックリきたのでコメントさせていただきます。
「負荷一定」になるほどと思えました。そして、「じわじわ」も自分に照らし合わせたとき、反省すべきだと気付きました。
長い距離なのに、周りに影響され色んなことを考え、その時々の判断で焦ってしまっているのかもしれません。
よく考えてみます。
【2017/10/26 22:10】 URL | ペンドラ #wKydAIho[ 編集] | page top↑

☆ペンドラさん
初めまして!
記事を読んでくださってありがとうございます!
さらにコメントいただけてうれしいです。

レースだとペースの上げ下げしちゃってもアドレナリン効果?で、その時はあまり負荷を感じないかもしれないですね。後半にツケがくるかもしれないですけど。
できるだけ負荷をかけない走り方したほうが記録は伸びそうですよね~。

【2017/10/27 16:48】 URL | きぐま #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://runkiguma.blog120.fc2.com/tb.php/1325-cc77eba4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |