20130706 富士登山の記録
富士山ネタでやたら引っ張ってすみません。
一応、富士登山競走の試走なので、上ってるところの記録や日記的なものを残しておきます。
 
 
五合目佐藤小屋到着が8時頃。
この時間にスタートしても、六合目は山開き前の2、3倍くらいの登山者。
すでに風 強し。

五合目~花小屋(七合目) 35分
花小屋過ぎて岩場になると渋滞発生。
岩場ではないところはそんなに渋滞していませんでした。

五合目~富士山ホテル(八合目・関門) 1時間44分
寒いし、風強いし、弱い雨が打ちつける、ちょっと過酷な感じ。
ここで引き返そうか迷うものの、半袖ランパンの軽装ランナーが登っていくし、降りてくる。
降りてきたランナーに話を聞くと山頂はものすごい強風だとか。
悩んだけど、せっかく来たんだし、行けるところまで行ってみようとそのまま進む。

相変わらずの渋滞。
そして九合目あたりからは狭い登山道に下山者も加わり、大渋滞。
さ・む・い
動けないとどんどん体が冷えていくので、渋滞の横、険しい岩場を上っていくランナーのあとに続いて上る。

五合目~山頂 2時間24分
山頂についても、ここが山頂だとわからず、私の前を上っていたランナー(前々回の記事に登場した方)に
「ここが山頂ですか?ここが富士登山のゴールでいいんですよね?」
と、しつこく三回くらい確認してから時計を止めました。
狛犬とか山頂の石碑があったけど、天候が大荒れで、私の記憶にある山頂とは全く違っていました。
すさまじい状態だったので、今年初山頂なのに感動も何もなかったですよ。とほほ。

そして前々回の記事の状態に。

神男女ペアと別れたあとも一向に収まらない震え。
このまま自力で降りられないんじゃないか、と絶望を感じました。
山頂にとどまるより、体調的にきつくても下山したほうが元気になるのでは?
と意を決して登山道から下山開始。

九合目付近で上ってくるぽんこさんと合流。
八合目からは下山道を下り(徒歩で)、
七合目付近でやっと震えが収まり、
山頂ですがりついた男性ランナーとも再会し、
無事に下山しました。

六合目に戻る頃(13時前かな?)には登山者の大大大渋滞が発生しておりました。
20130711.jpg

恐るべし。

にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギング・マラソンへ
にほんブログ村

今日は本部長にご馳走になり、腹十八分目…。
苦しい。
スポンサーサイト
【2013/07/11 23:37】 | 富士山 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<三連休の走りっぷり | ホーム | 傷自慢>>
コメント

富士山大変でしたね。ロ-ドでないトレランとかはその気で走らないといけませんね。種類は違いますがニュ-スで話題の呉・灰ゲ峰の現場は何回か走ってる処なんですがいつも思うのがここらでこけて転落し打ちどころが悪く地力で帰れなければ見つけてもらえないだろうなと。車の走らないところを選ぶのも良し悪しです。暑いさなかですがマイペ-スで頑張りましょう!
【2013/07/16 15:51】 URL | MASA #-[ 編集] | page top↑

☆MASAさま

今、さかんにニュースなどで取り上げられている16歳少女の事件ですね。
あのお山、走るのにはいいなぁ、と思ってました。
少女の供述に不自然な点があるということ。
しかし、もしかしたら彼女は超速いランナーかつ超健脚なのかもよ、ということを誰かが言っておりました。

西日本は暑い日が続いているようですね。東日本は涼しくなりました、今はね。
お互い暑さに気をつけて走りましょう~。
【2013/07/16 22:19】 URL | きぐま #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://runkiguma.blog120.fc2.com/tb.php/867-ce3a4c49
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |