第66回富士登山競走 走ってるとこレポ
私のレースプランは次の通り。

・馬返しまで全力(気にすべきはタイムではなく、どれだけ集団の前に出られるか)
・馬返し~五合目までは休憩
・五合目以降は死力を尽くす
 
 
スタート~馬返し

Cブロックの中間ポジションからだとタイムロスは1分30~40秒。
計測マット踏んだ後も、渋滞で進めず。
月江寺駅前交差点を曲がり、上りになると追い越せるくらいの間隔ができてきました。
体感強度・負荷を気にしつつ、突っ込みすぎないように気をつけながら、前へ前へ。

中の茶屋通過は39~40分。
スタートロスを引いたら38分前後かな。
ちょっと遅いけど、渋滞を考えればまあまあかな。
体感負荷もまあまあかな。

馬返し通過
試走のときのいつもの計測ポイント(車止めの手前)で1時間7分くらいかな。
スタートロスを引いたら1時間5分前後。
まあまあかな。


馬返し通過 1時間7分54秒(公式計測ポイント) 



馬返し~五合目

馬返し以降、周りのランナーさんはほぼ歩き。
走れるところも歩き。
いやいや、これは休みすぎでしょう。
無理はしないけど、ちょいちょい抜いて行く。

そして五合目佐藤小屋の手前。
噂には聞いていましたが、大大大大大大渋滞。
山頂まで完走できるボーダーラインは「五合目を2時間10分以内で通過」

進まぬ隊列。
飛び交う怒号。
刻々とすぎる時間。

悶々としていても仕方ないので、とりあえず日焼け止めを塗りなおそう。

どれくらい時間をロスしたのだろう?
なんとか進み五合目通過は2時間11分。
試走のときと同じように進めればギリ完走か?


五合目通過 2時間11分56秒(関門2時間20分)




五合目~八合目

佐藤小屋を通過し、馬返し~五合目間の休憩エリアは終了。
気持ちを切り替えて、再び戦闘モードに。

砂礫をできるだけ走る。

七合目手前で、沿道で応援していた方が、私の後方を見て、
「ハンサムネコさん、頑張って~」
と応援している???
いやいや、このポジションにはいないでしょう、人違いでしょう。
振り返ってみたけど、ネコさん確認できず。

そのまま上り続けたら、数分後にネコさんが背後から登場。
びっくりしたわ~。
馬返しまで大変な思いをされていたんですね。

岩場にさしかかり、しばらくネコさんについて行ったけど、いつの間にかぶっちぎられました。はえぇ…。
だけど私、岩場が得意みたいで、結構抜きましたよ♪
んでも相変わらずところどころで渋滞。
渋滞したら日焼け止めを塗りなおすチャンスね。


八合目関門通過 3時間55分(関門4時間)




八合目~山頂

砂礫エリアに入った途端にごぼう抜かれ。

気持ち悪い。
吐きそう。
ふらふらする。
もうやめたい。


再び岩場が出てきた。
岩場はすいすい登れる。
富士山がずっと岩場ならいいのに。

たぶん、岩場なら、ルートや足かけるところとか考えながら登るから、集中できるのかな。
砂礫だと集中できず、ふらふらするのかな。
そんなことをぼんやり考えながら進む。

上のほうが騒がしくなってきた。
あそこがゴールか??
赤い横断幕がかかっている。
あそこまであと○分でたどり着くのか?
全くわからないや。
とにかく進め。

突然
「あと2分!間に合わね~ぞ!!!!!」
と沿道から教えてもらう。

え?まぢで??ここから2分で山頂いけないの???
慌ててダッシュする。

後方からきたランナーも「走れ走れ!!」と叫びながら、ゾンビ化したランナーを押しのけて走ってくる。
私もそのランナーに続いて走ろうと試みるけど、ついていけず。

沿道の応援が盛大に聞こえてくる。
「あと1分!!頑張れ頑張れ!!」
「あと30秒!!間に合うよ!!!」

そして声援が一瞬緩み、叫ぶような応援から、普通の声量になり、
「お疲れ様~」
「よく頑張ったね~」
に変わった。





ああ、間に合わなかったんだ、と悟る。

ふらふらとゴールへ。
30秒ちょっと足りなかった。

にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギング・マラソンへ
にほんブログ村

ランナーズアップデートには山頂までの記録が掲載されていましたが、
大会結果には八合目までの記録しか残されていませんでした。
切ないね。
スポンサーサイト
【2013/07/30 22:43】 | 大会 | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
<<ガーミン買いましたよ♪ | ホーム | 第66回富士登山競走 前日~スタートまで>>
コメント

はじめまして、コーチと言います。

死に物狂いで頑張ったのに・・・制限時間っていうのは非情なものですね。

ねこさんの記事の動画にきぐまさんが写っていました。

ゴールラインを超えた瞬間はどんな感じだったかは想像できませんが、本当にお疲れ様でした。

この経験を糧にさらに上に向かって進んでください。
【2013/07/30 23:10】 URL | こーち #-[ 編集] | page top↑

やっぱり山岳レースは過酷だね。
富士登山競走は、1年のメインレースとして目指している人も多いでしょうから、
殺気立ち具合を想像するだけでも恐ろしい・・・

この過酷なレースで山頂まで行けたのは、やっぱりすごいと思いますよ。
お疲れ様でした!
【2013/07/31 23:10】 URL | iwatobi #-[ 編集] | page top↑

お疲れ様でした!
今日(すみません今更・・・)、
動画見たけど、ヤッパリすごいよ。

山頂コースはトイレ渋滞v-406も含めて
イロイロ刺激敵でした。
コノ経験はきっとどこかで役に立つよね。

またイロイロがんばろう!よろしく~
【2013/07/31 23:25】 URL | ★ponko #gLAv7EIo[ 編集] | page top↑

お疲れ様でした。
やはり馬返し1時間ぴったりぐらいで
いかないと無理ですよね。
五合目の渋滞とか考えると。
そうトレイル入ると皆さんすぐ歩きますが
けっこー走れる部分ありますよね。
自分も岩場大好きです。
動画みていてもしや、これがきぐまさん?とか思っていました。
【2013/07/31 23:29】 URL | bg #3ZQ.D9ic[ 編集] | page top↑

まじか〜、30秒か〜、残念!
惜しかったね!スタートロスだったり、渋滞だったり、完走する力はもう十二分にあるね!来年リベンジ!お疲れ様でした!
【2013/08/01 17:05】 URL | ジョギンガー #-[ 編集] | page top↑

☆こーちさん

はじめまして( ´ ▽ ` )ノ
よく きぐまがわかりましたね。
もしかして、試走のときにお会いした方ですか?
違ったらごめんなさい。
でもコーチっぽい方がいらしたな、と思いまして。

ゴールの瞬間は「無」でした( ´ ▽ ` )ノ



☆iwatobiさん

ありがとん( ´ ▽ ` )ノ
所々で殺気が物凄くて。ちょっと怖いっす。
極限状態で自分のことで精一杯だったし。

でもね、渋滞ではないところでは女性ランナーと励ましあったりもしました。
それは心温まる瞬間でした。



☆★ponkoさん

ぽんこさん、急激に高地に強くなったし、速くなったから、
このまま成長路線なら山頂いけそうですけどね。

イロイロ頑張りましょ~( ´ ▽ ` )ノ



☆bgさん

馬返し1時間ジャスト((((;゜Д゜)))))))
数分ですけど大きな壁ですぞ。
bgさんは大阪でお山を攻めてるから、来年あっさり1時間切りしてたりして。

来年、山頂頑張ってに~( ´ ▽ ` )ノ



☆ジョギンガーさん

スタートした時はたかが1分30秒のロスって思っていたのに、これが大きく後をひくとは。
や、30秒ほど足りなかったのも、実力不足ゆえです。
リベンジは…もういいや。
十分満喫しましたよ~。
【2013/08/01 22:33】 URL | きぐま #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://runkiguma.blog120.fc2.com/tb.php/874-89cc4b18
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |