40km走るための工夫と日記
30kmとか40kmとか走るためには、心折れる要素を取り除く工夫が必要。
 
 
【工夫とおぼえがき】
前の週に30~40km走ろうとして35kmになりました。
その時の反省を踏まえて、以下のように条件を変えました。

20130929-4.jpg

ペース設定(前記事参照)を「ゆっくりめから徐々にビルドアップ」にした理由は
・撃沈や途中で挫折をしにくい
・いろんな筋肉を使って走ることになるので、一定ペースで走るよりも楽かな?
と思ったからです。

はい。条件、かなり あまあまです。

補給したのは以下のものたち
・エネルギーゼリー(スーパーとかで売ってる安いの)
・スポドリ500mL。
・りんご味の飴ちゃん×3個。
長旅のお供に飴ちゃん、あるといいよね~。


【日記】
文脈とか何も考えずにだらだら書いてみたい気分なので、無駄に長文だし、役に立つ情報はありません。
いつもは文章修正とかするけど、今日はノー修正です。
あしからず。


先週末は実家に帰っておりましたので、久々に熊スポで。
熊スポ、やっぱりいいわぁ。施設が充実しております。
一周4.7kmくらいあるし、陸橋のささやかな坂もあるのがイイ。
でもね、春秋はイベントごとが多くて駐車場が満車になることもしばしば。

駐車場が開くAM6時ちょっと前に熊スポに到着。
この時間は健康のためにお散歩されている方が多いですね。
多いって言っても、一周5km弱だから程良く分散していて、よけて走るとかしなくてもよい感じです。

これが周回2km弱の公園だとちょっと走りにくい感じになっちゃうんですよね。
あまりガチでは走れない感じですよ。

それはさておき。
ゆっくり走り始めて、二周目の終わりくらい頃、7時くらいかな、駐車場に誘導のおじさまが立ち始めました。
いつもは誘導のおじさんはいないんですけど、この日は障がいのある方のスポーツイベントされていたようで、そのイベントのための誘導業務だったみたいですね。
「ふれあいぴっく」って書いてある…え~と、あれ、なんていう名前だろ?ベスト?まあ、そんな感じのものを着用されていました。

でね、その誘導のおじさまのうち一人が、私が通るたびに、体ごとこちらに向いてくれるんですよ。
車の誘導係だから通常は私に背を向ける感じで立っているのね。
だけど私が通るたびに、体ごとこちらを向いてくれて。
特に手を振るとか、声をかけてくれるとかじゃないんですけど、こちらを向いてくれる。
きっと応援してくれているんだろうと勝手に判断。
このおじさまが、かなり私の支えになってくれました。

だってさ、この広い公園で、私が延々と走っているのを知っているのはこのおじさま+他の誘導係の方々くらいですよ。
朝の公園に来る方たちは長居をするわけでもなく、自分の運動が終われば帰ってしまう訳で。
誰かが私が延々と頑張っていることを知っていてくれるって、それだけでかなり心強いです。
もしかしたら、おじさまは「こいつアタマおかしいんじゃね~の?」って見ていたのかもしれませんが。

そんなこんなで、おじさまのおかげで心折れずに40km走れたようなものです。

40kmってる間の状況は、
30kmくらいまではスピードは遅いこともあってそんなに苦しくなく、
33kmくらいから、あれ、動きがわるくなってきたぞ、と感じ、
35km以降は若干もがくような感じで走りました。
キロ5切るスピードだと、私は普通、バネを使った走りになっちゃうのですが、今回はほとんどバネを使わずに走りました。
いえ、正確に言うとバネが使えないくらい疲労してました。

走った後の疲労感も、すごいですね。
前の週の35km走は比較的ケロっとしていたのですが、40km走は疲れ過ぎて眠れないわ、筋肉痛になるわで結構なダメージ。
自分ではわかりませんでしたが、整骨院の先生に、右太もも内側の疲労を指摘されました。


レース前にもう一度40km走っておきたいけど、
そろそろペースを上げた30km走にも挑戦しなきゃいけないし、
あ~もうやっておきたい練習が多すぎて困っちゃう。

にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギング・マラソンへ
にほんブログ村

この無駄な長文を最後まで読んでくださった方はどれだけいらっしゃるのでしょうか(笑
だいぶ、私の話し言葉に近い感じでかきました。
私、まだ続くのか?もう話し終わったのか?と突っ込みたくなる話し方をします。
まったくもって残念な感じです。

わかっちゃいるけど直らない。
だからあまりしゃべらない(笑
 
スポンサーサイト
【2013/10/02 22:37】 | ランニング | トラックバック(0) | コメント(9) | page top↑
<<真綿で首を絞めておりますよ | ホーム | 40km走のデータ>>
コメント

やっぱり若いです。回復、早い!
【2013/10/02 22:54】 URL | たのくる #-[ 編集] | page top↑

最後まで読みましたとも(笑)
練習で40kmは・・・考えたくない。
でも、35kmまで走っておきたいなぁ、と思う今日この頃です。
 
熊スポ、駐車場閉まるんですか。
開けっ放しかと思ってた~。
【2013/10/02 23:44】 URL | iwatobi #-[ 編集] | page top↑

4.7kmのポリウレタンって書いてあったので
もしやくまスポ?と思ったら
正解でした。

本当にあそこは埼玉No,1のコースですよね

30km以上練習しないと思いながら未だできていません・・・
【2013/10/03 00:21】 URL | bg #3ZQ.D9ic[ 編集] | page top↑

40km走は脚と精神の両方を鍛えられそうですね。
フルの後半を粘れるようになりそう!
って、もうフルは1年以上走ってないので感覚忘れてますが(^^;;

文章はとても読みやすかったですよ(^ ^)
長いとも感じません〜。
【2013/10/03 07:54】 URL | helloween #WjBz4HtQ[ 編集] | page top↑

読みましたとも。
補給はきぐまさんとほぼ同じ~。

次回30キロ走はペースダウンしないことを
目標にします。
マイコース500Mの周回コース(泣)。
【2013/10/03 09:25】 URL | ほしこ #-[ 編集] | page top↑

私も40km走やりたい!
けどその前にとりあえず30km走ね。

熊スポは、やっぱりいいよね。
今週も行こう。熊スポ~♪
【2013/10/03 18:05】 URL | ★ponko #gLAv7EIo[ 編集] | page top↑

☆たのくるさん

え?そお?どのへんが??
でも、走り慣れてきたのか、数年前よりもロング走後の回復は早くなってきた気がします。



☆iwatobiさん

ありがと…。
さすが、私の(?)イワトビさん。

一般論ですが、40kmのダメージは大きく、やるなら36kmくらいまでかな、という話は聞いたことがあります。前にも言ったかもしれませんけど。
私もそう感じます。

そう、熊スポの駐車場はちゃんと閉められます。チェーンでね。



☆bgさん


あたり~。
bgさんのレポでも熊スポは絶賛されていましたよね。
広いから飽きにくいし、つらくなったら陸橋のアップダウンを回避することもできるし、いいコースですよね。

お互い、レースに向けてがんばりましょうね~。



☆helloweenさん

なんとお優しいお言葉を…。ありがとうございます。
たまには本能の趣くままに(?)書いてみるのもいいものですね。

30kmくらいまでならたとえ撃沈してもそんなに苦しまずにゴールできる気がしますけど、フルはやっぱり怖いですね。
昨年は撃沈しまくったので、その恐怖を拭うためにも40km走やってみました。
ただ、頑張りすぎると故障してしまう危険性があるのでお気をつけて。



☆ほしこさん

500m周回…!!!それはハードル高いですね。
心折れる確率もあがるし、カーブも多いし、それに一定方向にずっと周回していると足への負荷も多そうです。

多分ビルドアップで走るほうが、距離も達成しやすいと思いますよ。
あ、でもこういう理論は諸説ありますケド…。

日程が合えば、一緒に練習しましょうね。



☆★ponkoさん

熊スポはやっぱりいい施設ですよね。
30分かけても行く価値があるとおもいます。

ぽん姉さんも私と同じく短い距離に強くて、長い距離は…ごにょごにょ…なので、多分練習の方向性は一緒な気がします。

共にがんばりましょうね〜

【2013/10/03 18:16】 URL | きぐま #-[ 編集] | page top↑

だらだらと書き綴って,修文もしないでこれだけまとめるとは,走力だけでなく文才もお有りですよね。
せめて30kmでもやらないとな〜・・・
【2013/10/04 05:38】 URL | 鈍足親父 #-[ 編集] | page top↑

☆鈍足親父さん

おっと、誉め殺しか〜!?
40キロ走の話を、書く前に人に話したからある程度、道筋ができた上で書いたからかな。

そうですね、30キロ走はやっておきたいところですね。
ふぁいと!

【2013/10/04 18:03】 URL | きぐま #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://runkiguma.blog120.fc2.com/tb.php/904-fdbf2ea7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |